ニュースリリース

環境?社會貢獻

豊田自動織機、産業車両事業における歐州全拠點で再エネ電力100%を達成

株式會社豊田自動織機(社長:大西 朗)は、2021年4月1日、歐州の産業車両事業において使用する全電力の、再生可能エネルギー(以下、再エネ)への切り替えを完了しました。
同事業の歐州統括會社であるトヨタ マテリアル ハンドリング ヨーロッパ株式會社(以下、TMHE)のもと、5つの生産工場を含む、21カ國33事業所が使用する約5千萬kWhの電力を再エネに切り替えました。
各拠點のエネルギー事情に応じて、水力発電や風力発電由來の再エネへの契約切り替え、太陽光パネルによる自家発電、再エネ証書の購入、の3つの方法から、最適なものを導入しており、歐州全拠點での再エネ電力100%導入は、産業車両業界では初となります。

TMHE傘下の生産子會社であるトヨタ マテリアル ハンドリング マニュファクチャリング スウェーデン株式會社(以下、TMHMS)では、再エネ電力に加えてバイオガスを導入するなどして、2019年8月、豊田自動織機グループの中でいち早く、工場からのCO2排出ゼロを達成しており、歐州事業における環境への取り組みをけん引しています。
TMHE傘下の殘る事業所でも、ガス等の燃料について、バイオガスや再エネ電力等へのエネルギー転換を推し進め、2030年に全事業所からのCO2排出ゼロ、歐州産業車両事業のカーボンニュートラルを目指します。

豊田自動織機グループは、環境への取り組みの基本姿勢である「グローバル環境宣言」に従い、地球と調和した豊かな暮らしを実現する社會への貢獻を目指し、グローバルでの脫炭素社會の構築に向け、グループ一丸となって環境活動に取り組んでまいります。

*自社調べ

太陽光パネルを設置したスウェーデン工場
太陽光パネルを設置したイタリア工場

以上

2021年 ニュースリリース一覧へ戻る