社會貢獻活動方針

基本的な考え方

當社は「ものづくりを通して、社會や世の中のお役に立つ」という創業の精神を受け継ぎ、社員一人ひとりが社會貢獻の擔い手として、「CSR方針」および「社員行動規範」に基づいた活動の実踐に取り組んでいます。

「CSR方針」より

私たちは、事業活動を行うあらゆる地域において?獨自にまたはパートナーと協力して、コミュニティの成長と豊かな社會づくりをめざし、社會貢獻活動を積極的に推進します。

「社員行動規範」より

基本姿勢

豊かで健全な社會の実現とその持続的発展のために、事業活動を行うあらゆる地域において、「良き企業市民」としての役割を果たし、積極的に社會貢獻活動を行います。

地域社會とのコミュニケーションに努め、社會福祉、青少年育成、環境保全を中心に「地域社會」に重點をおいた幅広い活動に取り組みます。

社會貢獻推進體制

コーポレート本部(本社)総務部內に「社會貢獻グループ」を設置し、各分野におけるさまざまなプログラムの企畫?実施、社員の意識向上に向けた啓発活動、社內の職制による自主組織や個人のボランティア活動への後方支援、地域社會とのコミュニケーションなどを推進しています。

社員によるボランティア組織「はあとふる倶楽部」(1997年設立)では、當社および関係會社の社員や社員OBが會員となり、心豊かな社會づくりをめざす者同士、仲間の輪を広げています。
2008年にはボランティア支援センター「はあとふる」が開設され、自主企畫イベントを始め、NPOとの協業、地域住民との懇談など、社會貢獻活動の拠點として活用されています。