沿革

豊田自動織機は、豊田佐吉が発明したG型自動織機の製造?販売を目的に、1926年に創立されました。
その後、事業の多角化を進め、繊維機械、自動車(車両、エンジン、カーエアコン用コンプレッサーほか)、産業車両、エレクトロニクスと事業領域を拡大してきました。

1867年(慶応3年)~

事業?経営

製品?技術

1867年(慶応3年)

豊田佐吉生誕。

1890年(明治23年)

豊田佐吉、豊田式木製人力織機を発明。

1896年(明治29年)

豊田佐吉、豊田式汽力織機(木鉄混製動力織機)を発明。

1906年(明治39年)

豊田佐吉、環狀織機を発明。

1924年(大正13年)

豊田佐吉、無停止杼換式豊田自動織機(G型)を完成。

1926年(大正15年)

豊田佐吉発明の「自動織機」を製造?販売するため、愛知県碧??へ坠阮?現刈谷市)に株式會社豊田自動織機製作所(現株式會社豊田自動織機)を設立。

1927年(昭和2年)

刈谷工場、一部が稼働。

1929年(昭和4年)

精紡機の生産開始。

イギリスのプラット社と、G型自動織機の特許権譲渡契約を締結。

1930年(昭和5年)~